習慣流産、不育症と向き合うワタシhiroの独り言


by babyagefanclub

1月6日三男誕生しました!

5日の夕方(前の日記書いた後っていうのが、笑える!)
長男のスイミングのバス迎えに行った時にママ友に笑い話で張りに痛みが少し出てきちゃったけど、張り止め飲んでるし生まれないよね~なんて話してた。

この晩、旦那は四国で夜中に破水なんてされたらたまったもんじゃないわ ;;
と思い、張り止め多目に飲んでおく。
でも、張り止めが効いて不定期になるけど微妙な痛み。
ま、旦那がいないから不安で痛むような気がするんだろうな~とか思いつつ、
微妙な睡眠のまま朝になり、、、

「あ、そうだ明日雑巾持たせるんだった !」
とミシンを出して、雑巾作りながら、気分転換にスケート見たりして、
家のこと一先ず終わらせて、、
もう一度張りをチェックしようかと思い、トイレ行ったら、
おしるしの前段階的な感じな事になっていて、
ありゃ張り止め増やしてもらわなきゃヤバいぞ!!!
と感じる。。
で張りが10分間隔だったので、病院に電話。
昼までに受診しに来てと言われたその時11時40分くらい。

マンションの下でお友達に会って、
もしかしたら陣痛かもなんて笑い話のつもりでして、笑ってタクシーに乗り込む私と子供達 !


それで受診したら子宮口が四センチ開いてるから、
張り止め点滴するから最低一週間入院とか言われて;;
えー無理です。旦那に相談させてください!!!
とか言ってみたけど、無理で。。。
有無を言わさずウテメリン点滴はじめて一時間もたたないうちに、
やっぱり張りが止まらないからお産に切り替えましょうとか言われて ;;
(なんだよー、それ!!!)
まだまだ痛くないよ、生まれないわ~とか思いながら、
陣痛室に連れてかれて、受診で来たつもりだったから、
子供達も一緒で陣痛室のベッドに三人でいて、
子供達はDVDを見ておとなしくしてるうちに、
(一応、時間を潰すために持参した!ナイス!ワタシ!)
旦那四国から病院到着と同時に分娩室に移動させられて、
子供と旦那に帰ってもらったはいいけど、一時間くらいで結局生まれてしまったってわけです 。。

張り止め使ったから、張りの間隔がおかしくて、私が思うタイミングがうまく来ないから、
全然痛くないのに破水するは、息めと言われるは、
呼吸も変になって(ウテメリンのせいじゃない?もしかしてぇ?)
手足は痺れてくるしで、三人目にして困惑ムードいっぱいの出産でした。。。
病院によって、お産の仕方が違うからいい経験になりました 。

35週の早産だけど元気に生まれてくれたし、入院長引かなくて良かった。今回は親も手伝いに来る事も出来ず、旦那に育児休暇を取ってもらったので、負担が大きくなっちゃうしねー。

結果オーライって事で^^
f0062841_11272421.jpg

[PR]
by babyagefanclub | 2011-01-18 11:27 | 7回目の妊娠