習慣流産、不育症と向き合うワタシhiroの独り言


by babyagefanclub

カテゴリ:はじめに( 1 )

はじめに

ここでは、ワタシの流産と向き合う悲しみとこれから前向きに向き合う治療のことなどを綴っていけたらなぁと思います。
子供達への供養のつもりです。
ワタシと同じような経験をしている人へ語り、自分への中で思っていることを吐き出していきたいと思って・・・

今までの流産
長男を産んで1年3ヵ月後、新たなイノチがワタシに宿った。
夫と供に、やんちゃな男の子の育児を楽しんでる最中ではあったが、
かわいい女の子の願望が高まっていて、産み分けについて勉強した。
新しいイノチは、産み分けで出来た子。
長男を出産した時も、なんの心配もなく生まれたのだから、
新しいイノチもすくすく育つと信じていた。
そんな夢もむなしく生理から47日目出血。
進行流産と診断。
はじめての流産はショックなんてもんじゃなかった。
なんで、長男を産んだときは、何もなく産んだのに!!!?
という思いしかなかった。

その後、1年もしないうち、長男が2歳になったばかりの時に
どうやらまた新しいイノチが宿った。
36日くらいで、検査薬を使用したらうすく陽性。
でも4日後出血。
生理より重い。
多分、流産だ。
病院にも行かなかったし、多分流産じゃないと言い聞かせて、
さほどの落ち込みもなく時が過ぎる。
しかし、3回目の流産の時に医師にそのことを聞くと、
流産だったでしょう。。。と言われた。
[PR]
by babyagefanclub | 2006-02-06 12:08 | はじめに